ドウキョビト

【4児ママの同居life】~少子高齢化社会のSDGs実現に向けて完全同居型の二世帯住宅の魅力を考察~

【半同居ライフ】完全同居でも敷地内同居でもない、半同居のメリットとは?

我が家は現在、【半同居】生活をしています。

義両親と一緒に同居するのは、火曜日の昼過ぎから金曜日の昼過ぎまでの3泊4日。

【半同居】生活は4年目に入りました。

 

doukyo-bito.com

 

doukyo-bito.com

 

ここで【半同居】のメリットを考えてみました。

半同居のメリット

①融通が利く

同居する日を減らしたり増やしたりすることができる【半同居】。

現在のわが家は基本的に火曜日から金曜日までの【半同居】生活です。

 

最大の利点はフレキシブルに対応できること。

義父母が用事のある日や体調が悪い日などは同居する日を変更します。また義父母と少し距離を取った方がいいという時には、同居する日を減らす。

反対に、子どもを預けたい時や、夫の帰りが遅い日は同居を増やす方法もとれます。

けがや病気、出産などの緊急時は、すぐに駆けつけてきて長期的に同居することも可能です。

なにより、子世帯の生活スタイルを変えずに、同居するも同居しないも選べることはラク。

 

将来、介護が必要になった場合は完全に同居してサポートしていくこともできます。

『融通が利く』ところは【半同居】の最大のメリット。

 

半分は同居して、半分は子世帯だけの生活です。

これから同居しようと考えている方や同居の解消を考えている方に、一つの案として考えていただけたら幸いです。

 

 

②子どもと義父母との交流が増える

半同居中は、義父母の部屋で遊んでいることが多い子どもたち。完全同居とは違い、たまに来るからなのか関わりたい気持ちが大きいようです。1歳の四男も自ら義父母の部屋に行って甘えっぱなし。子どもっておじいちゃんやおばあちゃんとの交流を望んでいるんだなぁと感じます。子どもの年齢が低ければ低いほど、子ども自身で祖父母との関係を簡単につくることができます。

 

特にわが家は男子ばかりなので、お年頃になったときに同居を始めようとしてもなかなか関係性をスムーズにつくることは難しい。

同居するタイミングは子どもが小さいうちがいいのかも。

 

また、子どもたちが遊んでいる最中に物を壊してしまったり、けんかをしたり、トラブルはつきもの。また義父母の部屋でYouTube動画やテレビばかり見ている、お菓子をダラダラ食べる、なんてこともお見通し。そんな時、完全同居型の二世帯住宅であればすぐに親が介入することもできます。敷地内同居や完全分離型の二世帯住宅の場合だと、おじいちゃんやおばあちゃんとどんなことをしているのか把握しづらいところがあります。

 

現代では世代の違う人と関われる機会は少なく、そういった体験は貴重。コミュニケーション能力の観点からも、いろんな人と直接的に関わることは社会に出ていく上で大切だと感じます。

 

③同居の新鮮な気持ちが維持できる

そして【半同居】だからこそ、義父母と同居する日は毎週新鮮な気持ちで迎えることができます。

 

これが完全な同居だと、毎日変わらない生活スタイルになって、同居することに疲れてしまうかもしれません。

いったんストレスが溜まってしまうと、毎日顔を合わせることになるので余計に億劫になっていく。負のスパイラルにはまると同居はやっかいです。

 

同居スタイルのマンネリ化が起きづらく、メリハリのある生活ができることもメリットの一つ。

 

④子育てにおいて、親と子の関係性が一定の距離に保てる

この④番、結構重要かもしれない、と最近思います。

 

我が家は男の子ばかりなので、今はまだまだ『ママ大好き』状態で甘えてきます。

でも、小学校高学年にはもう”お母さん”との距離を取りたがるのかなと想像しています。もし母親との距離ができたとしても、家族の誰かと繋がっていればいいと思っています。それは、お父さんでも、おじいちゃんでも、弟でも。

誰かと繋がっていれば、安心です。

 

【半同居】中は、子どもは親よりも”おじいちゃん”や”おばあちゃん”と接したがります。一方【半同居】していないときは、親と子の関係も近くなる。

【半同居】によって、親と子の関係だけではなく、おじいちゃんと子、おばあちゃんと子、子ども同士、などたくさんの関係性が増える。親と子の関係が近すぎず、遠すぎない関係を保てている要因になっている。

 

毎日ではなくても、必要な時に、場面に応じて、繋がる関係でありたいです。

 

これら4つが現在の【半同居】のメリットと考えています。

もちろん、いわゆる『同居』のデメリットも付いてきますが、【半同居】のメリットに絞って考えてみました。