ドウキョビト

【4児ママの同居life】~少子高齢化社会のSDGs実現に向けて完全同居型の二世帯住宅の魅力を考察~

【半同居ライフ】春休み中の子世帯生活で、『同居』の課題がはっきりと

今年度は、長男と三男の入学・入園です。

f:id:HOUSEHOLDs:20220406025213j:plain

短い春休みももう終わり。

 

新学期が始まりました。

 

さて、今年の春休みは義父母との【半同居】ではなく、子世帯だけの生活でした。

 

怪我や病気もなく無事に過ごせたことがまずは一安心。

 

そして、嫁の立場ではリラックスした気持ちで過ごせた2週間。

 

もちろん、遊び盛りの6歳、5歳、3歳、1歳の男の子4人を24時間春休み中ずっとみることは体力的にもきつい。

 

でも、精神的には、少しゆとりのある春休みでした。

 

平日だけの【半同居】といっても、どこかで気が休まらない部分が知らない間にあったのかもしれない。というより、小さなストレスを気づかないように自分の中で見て見ぬふりをしていたのかも。

改めて、【同居】の一番の課題である『悩みやストレス』問題は尽きないものだなと。

 

それは、どんなに【同居】に納得し、相手を受け入れていたとしても。

 

どこかで息抜きし、心のエネルギーを回復させることも大切。

【半同居】だからこそできる息抜き方法。

 

”少し離れる”こともできる。

f:id:HOUSEHOLDs:20220408012850j:plain

そうは言っても、多くの人数で共同生活することで生活費などの”経済的な”メリットは大きい。

子育てを助けてもらえるから、という理由より、家を建てるところからの金銭的な支援はやはりありがたいもの。

 

将来の福祉の面でもきっと【同居】だからできることもある。

 

 

【同居】のいいとこどりの【半同居】。

 

春休みも終わり、また【半同居】生活に戻ります。

 

少しのストレスをうまく解消できる方法を模索します。