ドウキョビト

【4児ママの同居life】~少子高齢化社会のSDGs実現に向けて完全同居型の二世帯住宅の魅力を考察~

【同居のきっかけ】は『家づくり』からだった

そろそろ自分の家が欲しい、と思いはじめる『きっかけ』はいつしか訪れる。


結婚や妊娠を機に新しい住まいを考えたり、


子育て中にアパートが手狭に感じて一軒家を考えたり、


または、子どもが成長して入学前までにと期限を設けたり、

 

そのときの状況や環境によって『きっかけ』はあるもの。


その『家づくり』のきっかけは、『同居のきっかけ』につながっていくことも。

f:id:HOUSEHOLDs:20220219021019p:plain

 

わが家の『家づくり』のスタートは

わが家の場合、第一子が生まれて家族が増え、賃貸アパートからそろそろ一軒家がいいなと思いはじめました。

 

そして家づくりを夢みながら、住宅展示場の見学に行ったり、オープンハウスを見たり。

この頃はまだ『家』に対するイメージが大きすぎたのもあり、決まった間取りで展示されている家を見ながら、ふわふわした気持ちで憧れのマイホーム像を膨らませていくのが楽しかった時期。

 

そうこうしているうちに第二子が生まれ、本格的に家づくりをスタートし中古物件も含めて土地を探すようになりました。

 

 

同居を前提として結婚

これは結婚前の話ですが、夫は親の面倒をどうするかを兄弟の間で話していたそうです。
夫が長男ということもあったり、親との関係性が良好な夫が面倒をみるという方向に決まったそう。


その話を夫から聞いていたので、結婚当初は二人暮らしをしていたけれど、いずれは同居になるだろうと心づもりをしていました。

 

なので、家づくりの間取りは部屋数を1つ増やそうと考えていました。


そのころ家族の心境が大きく変わる事情が重なり、いろいろと話し合っていく中で、まずは夫の実家での『同居』という選択がいいのでは、と夫から切り出されました。


それまでは土地を購入して家を建てようと進めていたので、『同居』に対する不安もありましたが、夫は決めたことはすぐ実行していくタイプなのでわたしは身を任せることに。

(ちなみに、この決断は夫自身の決断であり、義父母の介入はありませんでした)

 


ここからが【同居】のスタート。

 

わたしたちの同居ライフのきっかけは『家づくり』だったのです。