ドウキョビト

【4児ママの同居life】~少子高齢化社会のSDGs実現に向けて完全同居型の二世帯住宅の魅力を考察~

【同居の事情】子どもが入院!どうする?

先月、四男が緊急で入院することになりました。

四男はまだ生後10か月。

入院時は24時間付き添わなければなりません。

入院期間は5日間。

f:id:HOUSEHOLDs:20211011030624j:plain

子どもが入院!どうする?

 

こんな時、みなさんはどうされていますか?

困ることは、残った兄弟たちのお世話をどうするか。

 

祖父母の家に預けたり、

夫の仕事を調整して夫が子どもたちの面倒をみたり、

一時預かりを利用したり、

ママ友に手伝ってもらったり、

 

色々な方法がある中で、わが家は変わらず生活できました!

 

 

新型コロナの影響で、入院中の付き添い者の交代や面会はできません。

なので、この5日間、母親のわたしは一歩も病院から出ず、

ほぼ病棟の中での生活でした。

 

 

こんな時、同居していて良かったなあとしみじみ思います。

緊急時こそ、周りの家族のサポートはとても助かります。



特に大人の人数が多いほど役割分担がしやすい。

例えば、祖母は食事や洗濯などの家事担当。

夫は幼稚園の送り迎えやお風呂や寝かしつけ担当。

祖父は、未就園児の日中の遊び相手担当。

などなど。

 

これを夫ひとりがするとなると

たった5日間ですが、残った兄弟たち3人のお世話は大変です。

 

そして何より、子どもたちの環境を変えずに生活できる点は大きい。

ただでさえ普段はママがいて当たり前だったのが、いないということ。

祖父母の家でもなく、一時預かり保育も利用せず、

変わらず自分のおうちで過ごせることで、

子どもたちのストレスも緩和していただろう。

 

 

家の中の勝手も同居生活をしているのでほとんど分かっています。

掃除や洗濯、キッチンの使い方など、

例えば、子どもの着替えはここに置いてある、とか、

石鹸の詰め替えはここにある、とかも、

家の必要な”モノ”がどこに何があるかすでに知っているだけで、

物事はスムーズに進んでいきます。

 

 

その結果、5日間の入院中、私は家の中での困りごとを夫から聞くこともなく、

「こっちは大丈夫だから」とその一言で済み、安心できました。

 

 

子どもの頃によくある、熱が出た時の早退、病院受診など、

『緊急時の対応』では、『同居』は強みであり、評価するべきところの一つですね。