ドウキョビト

【4児ママの同居life】~少子高齢化社会のSDGs実現に向けて完全同居型の二世帯住宅の魅力を考察~

【同居のお金事情】① ~新居が建つまで~

同居でのお金事情。

 

同居のみなさんはどうされていますか?

聞きたいけどなかなか聞けない、そんなお金の話をしていきたいと思います。

f:id:HOUSEHOLDs:20210904023452j:plain

同居のお金事情①

わが家は、新しく土地から購入し、そこに注文住宅を建てました。

 

新居を建てる前は、義両親の家(夫の実家)に約1年半の間、住まわせてもらっていました。

当時は、まだ長男が2歳、次男が0歳の頃。

 

その頃は私たち子世帯が住まわせてもらっているということで、生活費を毎月出していました。

義両親宅での【生活費】は、【3万円】。

かなり、甘えさせていただきました。

 

この3万円という金額の決め手は、同居する前は義両親の食費と日用品費が6万円でやりくりしていたということから、その半分の3万円ということに。

 

なので、実質的には食費と日用品費のみの3万円だけで、光熱費やその他諸費用は払っていません。

アパートだと、家賃や駐車場代のマイナス費用もありますが、同居だとありません。

経済的にも生活面においても、かなり助かっていました。

本当にありがたいです。

 

夫の職場やわたしの実家が遠くなってしまったので、ガソリン費は今の3~4倍くらいかかっていましたが、

それでも子世帯4人が暮らすのに、3万円は安すぎますね。

その分、新居での頭金に費やすことができました。

 

 

義両親宅での暮らしは、お金だけでなく、二世帯住宅を建てる前に『同居』というカタチがどういうものか体験できたこともかなり大きかったです。

二世帯住宅の間取りを決める際にもその同居体験が役立ちました。

 

 

そして、新居を二世帯で建てるということが決まり、

その後のお金の動きとしては、

 

【土地代】は義両親の負担。(土地は義両親の名義)

【建物・外構費】は子世帯の負担。(建物は夫の名義)

 

ということに。

 

それに伴って、納税する

【固定資産税(土地)】は義両親の負担。

【固定資産税(建物)】は子世帯の負担。

 

となりました。

 

土地代がなかった分、建物や外構は予算内でこだわりのある家を建てることができたと思います。

土地代まであったら、きっとこの場所に、こんな家は建てられなかっただろうな、としみじみ思います。

 

 

以上、ここまでが新居が建つまでのお金事情でした。

 

新居でのお金事情はまた後日アップさせていただきます!

 

 

 

【同居のお金事情① ~まとめ~】

 

◆義両親宅での同居時・・・-3万円/月

◆土地代  ・・・    義両親

◆建物代  ・・・    子世帯

◆固定資産税(土地)・・・義両親

◆固定資産税(建物)・・・子世帯