ドウキョビト

【4児ママの同居life】~少子高齢化社会のSDGs実現に向けて完全同居型の二世帯住宅の魅力を考察~

【暮らしのシステム化】キッチンをきれいに保てる理由。大容量の食洗器。

大家族の家事に欠かせないものベスト3のうちの一つ、『食器洗い乾燥機』。

わが家は、ドイツ製の『ミーレ』という食洗機を使っています。
家づくりで予算がある中、ここだけは譲れないアイテムでした。

わが家のキッチン

今や無かったらと思うと目が回りそうです。

毎日の家事をより簡単で楽しいものにしたいという願いを叶えてくれる『ミーレ』のスゴイところをご紹介します。

①品質と耐久性

100年以上の歴史があるドイツのプレミアム家電ブランド、ミーレ社。「Immer Bessar (常により良いものを)」の理念のもと開発され、自社製品を20年間の使用を想定したテストを行う唯一のメーカーです。
日本の食洗機の寿命はおよそ10年くらいでしょうか。
それと比較してもミーレの食洗機は2倍の寿命を持ち合わせています。
大物家電は買い替えは大きな出費となるところ。20年持つと考えると、子どもたちが成人する頃までずっと使い続けていけそうです。

『一度のミーレで、ずっとミーレに』というコンセプトも頷けます。


②大容量

何と言ってもその大容量。
「FlexLine(フレックスライン)バスケットデザインC」というネーミングで、
コンセプトは『どんなニーズにも理想的、フレキシブルで便利』。
まさにわが家にピッタリ!

ミーレ食洗機には幅が60cmと45cmの2タイプありますが、スペース的に問題がなければまずは60cmがオススメ。

フロントオープン型で食器の入れやすさも国内製よりも上手。

③エコロジー

消費水量は6.5 L。
ミーレの食器洗い機史上最も経済的
最少水量: 自動プログラムは、最少消費水量で最上の洗いあがりを保証します。
ムダな水や電気を使わない。

食器量認識機能〈特許取得済※〉
食洗機内の食器量を検知して、必要な水量と電力量を自動調節。大容量ながら、少量の洗い物でも無駄なく洗浄ができて省エネ&経済的。家計の負担をしっかり抑えます。

ドイツのエコの考えは、日本より進んでいますね。
優れた性能と最小限のエネルギー消費が共存しています。


④オートオープン乾燥

特許技術の自動ドアオープンによるエコドライ機能。プログラムのサイクルが終了すると、自動的に食器洗い機のドアが開き、気化熱で素早くグラスや食器等を乾燥させます。温風で強制的に乾燥させないので省エネ効果はもちろん、大切な食器にストレスを与えません。(乾燥のみのコースはありません)

ミーレの食洗器は国内産よりもサイズが大きいため、家づくりでキッチンを考える際にミーレの食洗器が入るかどうか確認しておく必要があります。
また、電気が200Vの電源が必要なところも忘れずに!


※現在、ミーレの食洗器の受注が停止されているそうです。待ってでも取り付けたい設備なので再開が待ち遠しいです。


【食洗機の受注停止について】HPより抜粋
2021.03.30
2021年に入りミーレ食洗機については在庫が不安定な状況が継続しており ご迷惑をお掛けしております。この現在の供給の状況についてご案内をさせて頂きます。 コロナ禍におけるミーレ食洗機に関しては予想をはるかに超える需要があり、 ドイツでの生産が全く追いついていないのが現状です。 そのような中、ミーレ・ジャパンも日本国内の高まる需要に対して在庫が追い付かず、 ドイツ側からの供給量も増える見込みがないことから、受注制限に踏み切ることとなりました。 つきましては、食洗機に限り、増産の目途がつくまでは一旦受注を停止させていただきます。 大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。