ドウキョビト

【4児ママの同居life】~少子高齢化社会のSDGs実現に向けて完全同居型の二世帯住宅の魅力を考察~

【ダイニングテーブル】円形&伸長式でフレキシブルに

家族が毎日使うダイニングテーブル。

だからこそ、ダイニングテーブル選びには

こだわりました。

 

ダイニングテーブルの選び方

家族みんなが毎日顔を合わせる食事時間。

できるだけ楽しく、かつ、家族の人数の変化にも対応したテーブルがいいなと思い、

一本脚の丸テーブルを選びました。

f:id:HOUSEHOLDs:20210516043323j:plain

 

丸テーブルのメリット

・人数に合わせた使い方ができる

丸テーブルはラウンドテーブルともいいます。

ラウンドと言われるように、角がなく円周を詰めて座ることができます。

だから、座る位置や人数を調整しやすい。

人数が5人、6人、7人…と増えていっても、

椅子の位置を変えて詰めれば、結構な人数が座れるようになります。

 

f:id:HOUSEHOLDs:20210516043751j:plain

 

よくある長方形のダイニングテーブルは、

角があるため座る人数と場所が限られてしまいます。

はじめから家族構成が決まっているのであればいいのですが、

我が家のように二世帯で大家族となると、どんな家族構成でも使えるテーブルがいい。

そのため、テーブルの天板を広く伸ばすことのできる拡張式(伸長式)を選びました。

 

天板の裏のパッチン錠をはずし、天板を広げると、

f:id:HOUSEHOLDs:20210517050719j:plain

天板をはめるスペースが出てきます。

 

1枚真ん中に板をはめると、

f:id:HOUSEHOLDs:20210517050204j:plain

さらにもう1枚天板をはめると、

f:id:HOUSEHOLDs:20210517050554j:plain

 

伸長式は、将来、4人の息子たちが子どもを連れてきたり、

親戚一同がダイニングで集まれるように、と願いを込めて。

  

・家族の顔が見える

 丸テーブルは、座った時に横並びにならないので、どこに座っても、お互いの顔が見やすいのが魅力です。

食事をするときも自然と視線が交わるので会話もはずみます。

・動線を妨げない

 生活の動線を広く使い、お部屋全体にゆとりを感じさせてくれます。

『伊礼智の「小さな家」70のレシピ』にも丸テーブルが使われており、この本の影響で丸テーブルの魅力を知りました。

・圧迫感がなく、あたたかな空間に

 丸テーブルは、空間のアクセントとなり、角がないことで圧迫感をなくし、お部屋を柔らかい印象にしてくれます。

 

丸テーブルのデメリット

・あまり出回っていない

家具屋さんやインテリアショップ、ホームセンターなどで見かけるダイニングテーブルはほぼ長方形のかたち。

 

だから、丸テーブルを探すのに結構苦労しました。

 

それに加え、大家族になってもいいように拡張式テーブルとなると、より出回っている数が少ない。

ネットで検索して、機能と大きさがピッタリだったmade inデンマークのものを選びました。

 

 

ダイニングテーブル選びに迷ったら、丸テーブルも一度候補に入れてみてください。